エアコン隠蔽・埋設配管交換取付工事。量販店に断られた工事も対応できます|東京・神奈川・埼玉・千葉

株式会社協和空調会社概要|ダイキンエアコン販売工事店
ぴちょんくんのお店 一級技能士のいるお店 問い合わせ
協和空調の電話番号
協和空調の営業時間
エアコン工事のページです
ダイキンエアコン協和空調エアコン交換取付工事

隠蔽配管、埋設配管、圧着工事|東京・神奈川・埼玉・千葉


良質施工工事

ダイキンぴちょんくんのお店
隠蔽配管工事・圧着工事もお任せ!!

上質工事を念頭に、メーカー正規製品をダイキン工業の技術研修を受けた技術者が高品質部材を使用し、一つ一つ丁寧に工事を致します。より良い工事をお求めの方、他社様では出来ない工事、量販店様に断られてしまった工事等、隠蔽配管のエアコン交換取付工事・圧着工事なら何でもご相談下さい。


※壁の中に埋設されている渡り線がより線の場合は、工事を行うことができません。

隠蔽配管工事・埋設配管工事・圧着工事

隠蔽配管(埋設配管)工事とは

建築時の壁や天井が出来上がる前に冷媒管や、ドレン排水管を埋設し、お部屋の中や家の外観から配管が見えなくなるようにする工事です。

配管の寿命は約10~15年と言われています。(ダイキン子会社空調部材メーカー「オーケー器材㈱」より。)埋設部分の配管工事を丁寧に行わないと、壁や天井での結露や水漏れに繋がり、酷い時には構造体を腐らせてしまうことがございます。


その為、メンテナンスや10年後の配管工事を見据えた工事が必要となります。弊社と提携頂いている住宅メーカー様では、設計担当者様と念入りに打ち合わせを行い、PS等を積極的に取り入れる等、将来の配管交換を視野に入れた工事を行っております。


※新築時の隠蔽配管工事(新築時に配管を壁や天井に埋める工事)は弊社提携の住宅メーカー様からのご依頼のみ対応させて頂きます。
個人のお客様や提携を頂いていない工務店様、住宅メーカー様のご依頼は誠に申し訳ございませんがお受けできません。

隠蔽配管工事の劣化
エアコン隠蔽・埋設配管

既設の隠蔽(埋設)配管再利用工事について

隠蔽(埋設)配管の再利用は可能?
既設のエアコンが隠蔽(埋設)配管(以下、隠蔽配管)であったり、引越し先で隠蔽配管だけが残されているといった場合、それを再利用してエアコンを設置することができる場合が有ります
もちろん何でも設置できる訳ではなく、既存のエアコンや、これから設置するエアコンの種類、隠蔽配管内の電線や配管の状況などにより、再利用が可能かどうかが変わってきます。弊社営業にご相談の上、現地調査をご依頼ください。
<重要>
弊社でお受けした『既設の隠蔽配管を再利用した工事』でも、その既設配管に起因する不具合につきましては、保証の対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

工事詳細(新設・交換工事) ※圧着工事も対応可能です。

しっかりした基礎工事
新築の場合はトラブルが起きないのはもちろん、今後エアコンを交換・メンテナンスをする際のことも考え数年後を見据えた空調設計を致します。
機器交換時に圧着工事が発生する場合であっても国家資格保持者が多数在籍おりますのでご対応可能です。
工事に使用する部材は、すべて高品質部材を使用しておりますので、部材の劣化によるトラブルが他社様と比べ起きにくくなります。真空引きもしっかり行っております。
点検口での隠蔽配管工事

隠蔽配管工事価格

金額はあくまで目安の料金となります
隠蔽配管・埋設配管のエアコン取付工事 33,000円(税抜)
※1F 壁掛形エアコンの標準金額になります。機種や取付状況により金額は異なります。
 ハウジングはお問い合わせ下さい。
 ※配管が長い場合はガスチャージが必要な為、別途金額がかかります。
既存エアコン撤去  6,800円(税抜)~
※1F 壁掛形エアコンの標準金額になります。機種や取付状況により金額は異なります。
交通運搬費・諸経費・養生費等  お問い合わせ下さい
※エアコンの台数や地域、状況によってお値段が異なります。
エアコン機種価格

工事に関する情報

工事対象地域

ご依頼から工事までの流れ

弊社使用良質部材

エアコン施工事例

『既設の隠蔽(埋設)配管再利用工事について』にも記載いたしましたとおり、弊社以外で配管等の埋設工事(隠蔽配管)がなされ、それを再利用する形で弊社が交換工事を行ったものは、その隠蔽配管に起因する不具合につきましては弊社の保証の対象外となりますので、あらかじめご了承ください。