壁埋込形エアコン取付・交換入替工事の流れ|東京・神奈川・埼玉・千葉

株式会社協和空調会社概要|ダイキンエアコン販売工事店
ぴちょんくんのお店 一級技能士のいるお店 問い合わせ
協和空調の電話番号
協和空調の営業時間
エアコン工事のページです
ダイキンエアコン協和空調エアコン交換取付工事

壁埋込形エアコン工事の流れ


ダイキンプロショップの高品質工事

ぴちょんくんのお店の画像
ダイキンプロショップのこだわり工事

上質工事を念頭に、メーカー正規製品をダイキン工業の技術研修を受けた技術者が高品質部材を使用し、一つ一つ丁寧に工事を致します。より良い工事をお求めの方、他社様では出来ない工事、量販店様に断られてしまった工事等、壁埋込形のエアコン交換取付工事なら何でもご相談下さい。

壁埋込形エアコン工事の流れ

①養生を行い、ポンプダウン(ガス回収)
壁埋め込み型養生・ポンプダウン
ここがポイントの画像
ガスを室外機に戻します

エアコン工事は、水やホコリ、クズ等が周りに飛びます。工事に入る前には必ず養生を行います。

エアコンを冷房運転し、配管の中に入っているガスを室外機に戻します。環境のことを考え、ガスは持ち帰ります。

②ビス(ネジ)を外す
壁埋込型エアコン取外し
ここがポイントの画像
エアコンを固定しているビスを外します

フロンガスの回収が終わったら、ブレーカーを落とし、養生を行います。

エアコンの裏にある配管を外すために、エアコンを固定しているビスを外します。

③配管や配線を外す
壁埋め込み形エアコン配管や配線外し
ここがポイントの画像
エアコンの裏に配管があります

配線を外し、裏についている冷媒管とドレン管を外します。このとき冷媒管に入っているオイルが漏れないに注意します。

④エアコン取外
壁埋込形エアコン取外
ここがポイントの画像
エアコンを取外します

壁や床を傷つけないように、エアコンを丁寧に取外します。ホコリや水が落ちないように気をつけます。

⑤エアコン回収
壁埋め込み型エアコン回収
ここがポイントの画像
ホコリや水が落ちないように袋に入れて回収します

古いエアコンはホコリやカビがたくさんついております。お部屋を汚さないために、取外したエアコンはすぐに袋に入れ、外に運び出します。

※ 取外すとこんな感じ
壁埋込型エアコン取外し跡
ここがポイントの画像
冷媒管とドレン管を加工します

このままだと冷媒管とドレン管の長さが足りないため、新しいエアコンを取付けることができません。長さを確保するために加工していきます。

⑥冷媒管加工
壁埋め込み形エアコン冷媒管加工
ここがポイントの画像
配管接続

フレアナットを通して銅管をフレア加工を行い、銅管と銅管を繋げ長さを出します。溶接で長さを出す方法もございますが、今回は和室なのでフレアナットで接続しました。結露を起こさないように銅管にすき間なく断熱材を取付け、とれないようにしっかりテープで巻きつけます。

⑦ドレン管加工
壁埋込形エアコンドレン管加工
ここがポイントの画像
断熱材をしっかり巻きます

エアコンの冷媒管やドレン管は大変冷たくなります。

その為結露を起こしやすく、壁の中を腐らせてしまうことがありますので、断熱材をしっかり巻きます。

⑧エアコン取付
壁埋め込み型エアコン取付
ここがポイントの画像
配線や配管を取付ます

配線の挿し込みをしっかり行わないとエアコンは動きません。室外機から送られてくる電気、室内機から室外機に送る電気信号の配線整備を行います。

ドレン排水管は、勾配をとり逆流・水漏れが起こらないよう、しっかりと接続し断熱処理を行います。冷媒管も、ガス漏れ等を起こさぬよう、しっかりと接続を行い断熱材を巻きます。

⑨エアコン取付工事完了
壁埋込型エアコンスペース工事
ここがポイントの画像
既存エアコンのスペースを隠す

新規エアコンが既存エアコンより小さいため、上と左にスペースができてしまいました。見えないからと言って、このままグリルを付けてしますとグリルのすき間から、室内機筐体の銀色の塗装や配管、壁裏などが見えてしまい、せっかくのインテリアが台無しです。協和空調の工事は見えない所もこだわり、しっかり工事を行います。

⑩ちょっと一手間!
壁埋め込み形エアコン断熱テープ加工
壁埋め込み形エアコン断熱テープ加工
ここがポイントの画像
グリルから見える部分に

グリルの隙間から見える室内機筐体の塗装や保温材が見えないようするにはどうするか? 断熱テープを張って目立たないように施工します。一度つけたら10年以上ご使用されるエアコン。ちょっとした一手間を惜しまず工事させて頂きます。

⑪完成
壁埋込形エアコン完成
ここがポイントの画像
グリルのすき間もキレイ!

完成です。グリルのすき間も目立ちません。通常このような場合、エアコンの風が中にこもりグリルから風が出てきませんが、ここは弊社の○秘工事(笑)でしっかりと風が出るように一手間を加えてあります。

工事詳細(新設・交換工事)

しっかりした基礎工事

新築の場合はトラブルが起きないのはもちろん、今後エアコンを交換・メンテナンスをする際のことも考え数年後を見据えた空調設計を致します。

機器交換時に圧着工事が発生する場合であっても国家資格保持者が多数在籍おりますのでご対応可能です。

工事に使用する部材は、すべて高品質部材を使用しておりますので、部材の劣化によるトラブルが他社様と比べ起きにくくなります。真空引きもしっかり行っております。

壁埋め込み型エアコン取付工事